当社見積もりに於ける材料費の考え方

鍛造製品の見積もりについて、ご質問の多い材料費の考え方についてご説明します。

先ず、材料費=持掛重量X材料単価(建値+ロールマージン+増値)の式で計算します。

当社では、先物買いを基本とし、契約重量単位を大きくする事でスケールメリットを出し、ロールマージンを抑えています。

当社の製品重量に対する持掛重量の比率は、金型設計での工夫により、特殊な形状を除き1.3〜1.5程度にしています。

次に、屑費=屑重量X屑単価X回収率の式で計算します。

屑単価では、回収業者を厳選し、上記スケールメリットを出す事で適切な単価を出しております。

また、切断工程に於ける材料の専用ライン化やバリ抜き工程の工夫により、回収率を約0.8としております。

材料全般について、当社では基準在庫方式を採用し、流れる商材の材料が切れない様にしております。
仕事 | - | -